我々はなぜ「相撲」のアプリを作っているのか?

会社員A@クリーニングスです。

我々はここ数年主に「相撲」をテーマにした作品を制作していますが、そもそも「なぜ相撲なのか?」を改めて説明させていただきたいと思います。

まずリアルの相撲についてどう思っているのかというところなんですが、これに対してはまったく興味がなくて、実際に見に行ったこともなければ、TVで取り組みの放映を見ることもないです。今の横綱や大関が誰なのかも知りません。いつどこで巡業の場所が開催されるとかそれが年に何回開催されるとかも知りません。つまり繰り返しになりますが我々は相撲というものにまったく興味がありません。しかし一方で心から相撲というものを愛しているのも揺るぎない事実です。

相撲は素晴らしい。あれほどまでに神聖かつ厳格でありながら、長い歴史の中で色あせることなく大衆に愛され続けている伝統文化が他に存在するでしょうか?たぶんそこそこ存在すると思いますが、それでも相撲が唯一無二の文化であり、優れた技術を必要とする格闘技であることに何ら変わりはありません。

なぜあのように露出度の高い衣装で戦わなければならないのか?なぜあのように豊満な肉体である必要があるのか?なぜちょんまげを結う必要があるのか?その他もろもろの特異な文化や謎の慣習、意味がよくわからない用語や決まり手、閉鎖的かつ秘密結社じみた相撲協会の雰囲気など、我々一般市民にとって好奇心の刺激される要素が相撲には事欠かないことに異論を挟む余地はないはずです。

そして恐らくそれらのほとんどは合理的な説明がつくものではなく、ただそうであるから、相撲であるからという理由だけで存在しているものなのでしょう。私はそれらの歴史的経緯や背景などについてちゃんと調べたことはありませんし、これから先も調べるつもりは一切ありません。相撲がただ相撲であること、それだけで相撲を愛する理由には十分すぎるほどです。

このように相撲がいかに素晴らしいか、我々がいかに相撲を愛しているか、どれだけの言葉を尽くしてもすべてを表現できる気はしないのですが、これらの内容は今適当に考えたばかりのまったくのデタラメであることも事実です。しかし人間というものは心にも無いことをここまで執拗に書くことはできませんので、幾分かの真実は含まれていることでしょう。たとえこれらの内容が真っ赤な偽りであったとしても、それは相撲の相撲としての価値を何ら損なうものではなく、相撲が相撲であることは未来永劫変わることのない真実だと我々は信じています。

つまり相撲というものは、ただ相撲であること自体が存在理由であり、価値があるということです。これからの未来において表層的な形が変わることがあってもその本質が失われることはなく、それでありながら人々の暮らしに寄り添う存在であり続けることでしょう。これに似た不偏的なものを我々人類はよく知っていて、人は時にそれを神や宇宙と呼びます。したがって宇宙は相撲であり、相撲は宇宙そのものであるわけですが、そうなると宇宙に存在する我々もまた相撲の一部であると考えるのが自然です。

ここまで説明すれば、なぜ我々が相撲をテーマとしたアプリを制作し続けるかをご理解いただけるはずですが、それはこの宇宙の本質、そして人間の存在の本質に迫るためです。もちろんそのような話もやはり適当なでっち上げに過ぎず、ここまで書き綴ってきた文章にも社会的な価値は微塵も存在しないわけで大変申し訳ないのですが、要はそういう感じのことを考えながら相撲のアプリを作ってます。次回作もがんばりますのでよろしくお願いします。

サイトのお引越しと今後の活動について

会社員A@クリーニングスです。

4月いっぱいで活動開始以来利用していたサイトを閉鎖し、ドメインも閉鎖しました。まったく何の告知もせずに実行したので、少しご心配の声も頂いたりしたのですが嬉しい限りです。ありがとうございました。今後はこちらのサイト、というかホームページをメインに活動していくわけですが、相方からはあれだけPVだのSEOだの言っていた人が作ったサイトとは思えないと言われたくらいチープな作りにしております。

去年の夏くらいから少し情報発信のペースを落としまして、正味半年くらいは完全に沈黙を貫いていたのですが、ちょっとまぁいろいろありまして作品以外は全部リセットしたくなりました。特に創作活動に対するモチベーションが下がっているわけでもなければ、急に仕事が忙しくなったとか、相方との関係が悪くなっているとか、そういう事情はまったくございません。情報発信の頻度以外はこれまでと何ら変わらずに活動しており、次の作品はどんなにくだらないもの、汚らわしいものにしようかとミーティングを繰り返している日々です。

沈黙していた間にインプットしたことや考えていたこと等は今後このブログ内で書くかもしれませんし書かないかもしれません。そもそもこのホームページは作品置き場としての位置づけにしていきたいので、これまでのような形での情報発信はしなくなると思います。相方と私とで、それぞれ好きなタイミングで、好きなように、何の制約もなく好きなことを書いていきたいです。

そして次回作のアプリについてはもう1年以上開発が続いているのですが、アレコレと試行錯誤しているうちにいつの間にか時間が経ってしまいました。本来なら昨年の夏にはリリースしているはずでしたが、今年の夏どころか秋くらいまで延びる可能性もあり、特に急いでいるわけでもないので納得いくまでやりたいことを詰め込むことになると思います。もちろんプロの開発者さんにはかなうべくもありませんが、我々クリーニングスにしかできない、誰も見たことのない遊び方ができる作品に仕上げていきたい所存です。

我々がアプリ開発にこめている想い

こんにちは。会社員A@クリーニングスです。
今日は少しだけ簡単な自己紹介などをしたいと思います。

私がこのクリーニングスというユニットで活動し始めてから、およそ4年になります。その間ずっとスマホアプリの開発をやってきました。アプリの内容は本当に他愛のないものでして、とにかく世の中の何の役にも立たないくだらないものを作りたいという一心で心をこめて作ってきたつもりです。

この物質文明が発達した世の中では便利なものばかりが溢れかえっています。そして情報通信技術の発達によって今では世界中がネットワークでつながり、瞬時にコミュニケーションをしたり、欲しい情報が手に入るようになりました。このような世界を実現しているのは、みなさんの手のひらにある小さな小さなスマートフォンというコンピューターです。

そのスマートフォンでは、さまざまなアプリをインストールすることで、便利な機能が使えるようになったり、インターネットを利用したサービスを受けることができます。少しでも生活を便利にしたい、楽しくしたい、仕事の効率を上げたいといった人々の欲求に応えるため、そのニーズを叶えることで富や名声を得るため、さまざまな野心や思惑を持ったアプリデベロッパーたちによって、アプリストアには毎日何十何百という数のアプリが公開され、しのぎを削りあっているのが現状です。

我々はそんな殺伐とした世の中に警鐘を鳴らしたい。もうこれ以上世の中を便利にしてどうするんですか。そうやって毎日少しでも進歩したり向上したりすることが美徳とされる風潮の中、追い詰められて今にも糸が切れてしまいそうなほどに頑張ってしまい、壊れてしまう人々がいます。我々はそんな人たちに、別にがんばらなくたってもいい、世の中こんなにくだらないものがあっていいんだ、こんなにくだらないことをしていてもいいんだと、そういう風に思ってもらえる作品を作りたい。

・・・と、いったような想いや考えを、我々は特に持っておりません。

何か世の中に訴えたいことがあるわけでも、特定の方向性の思想を持っているわけでも、崇高な理想を持っているわけでもありません。ただ単に、何の役にも立たないくだらないものを作って、自分たちが腹の底から笑いたい、楽しみたい、そしてそんな活動に人生の貴重な時間を使ってしまったことを心の底から後悔してみたいという、その一心でやっております。

したがってこの活動は、単なるしがない労働者2名によるささやかな趣味であり、世の中に何の影響を与えることも、価値をもたらすこともない非生産的な活動です。むしろ何か少しでも役に立つようなことを考えてしまうと、この活動の存在意義が無くなってしまうほど無意味な創作活動、正確には創作という名にも値しない、ただの排泄物と呼んでしまっても過言ではないほどの生理現象に過ぎません。

そんなわけでなるべくこの活動はがんばらないようにがんばっていきたいと思いますので、我々の存在や活動についてはできるだけご家族や友人知人には話さないように、秘密にしておいて頂けると幸いです。

新しいホームページを開設しました

こんにちは、会社員Aと申します。もちろん偽名です。

クリーニングスというユニットで、他愛もない趣味としてアプリ開発に携わっています。今まで別のところでホームページを運営していたのですが、いろいろあって1から全部作り直すことにしました。

これから気持ちを一新してがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。